現職きのこ研究者が一般の方から生産者、研究者向けに「きのこの話題」を提供するブログです。あと、ランニング・アウトドアのおはなしも! In this blog, mycologist-O provides mushroom topics from the general public to producers and researchers!

きのこってなに?③「きのこって何のために存在するの?」

きのこってなに?③「きのこって何のために存在するの?


スポンサーリンク

↓詳しくは記事を読んでね。


「きのこって何のために存在するの?」

さて、これまでの記事で

・きのこは真菌=カビのなかま!

・細菌とかウイルスとは全然ちがうよ!

と書きました。


今回は「きのこという構造は何なのか?」について書いてみようと思います。

きのこって何のために存在するの?」って書くとすごくきのこをディスってるように読めてしまいますがそんなつもりはありません笑!そして、言うまでもなくきのこは私たちに食べられるためにこの形を作っているわけではありません。この謎について解き明かすにはきのこという生物のライフサイクルを知る必要があります。

こちらの動画をご覧ください。

この動画ではシイタケが大きくなり、なにやらモヤモヤしたものが飛んでいる様子が分かります。

実はこれ、きのこにとっての子孫=胞子なのです。

きのこ1本から飛ぶ胞子の数は1億個とも10億個ともいわれます。

これが種のように発芽し、菌糸を伸ばします。さらに交配後、最適な条件が整うとまたきのこ(専門用語で「子実体」と言います)が発生します。

つまり、「子実体→胞子→菌糸→子実体」を繰り返しているというわけです。

スポンサーリンク


[まとめ]

自然界ではきのこ(子実体)の状態はごくわずかでほとんどの期間は菌糸の状態で生存しているものと思われます。だから、皆さんがきのこ!と言っているものは彼らのライフサイクルのうちのごく一部だけを示す言葉だったんですね!

でも、「きのこ」という単語はこの生き物を示すのに定着しているし、便利な言葉なのでこのブログでは今後もこの面白い生き物のことは「きのこ」と書かせてもらいます

→次の記事きのこってなに?④「きのこは地球の歴史を変えた!?」

今日はここまで!


最新情報をチェックしよう!