現職きのこ研究者が一般の方から生産者、研究者向けに「きのこの話題」を提供するブログです。あと、ランニング・アウトドアのおはなしも! In this blog, mycologist-O provides mushroom topics from the general public to producers and researchers!

月刊アグリバイオ誌「菌床栽培きのこの育種」掲載(予定)のお知らせ

月刊アグリバイオ誌「菌床栽培きのこの育種」掲載(予定)のお知らせ

株式会社北隆館様より「月刊アグリバイオ」誌への執筆依頼を頂きました。
講演依頼はそれなりに頂きますが執筆依頼は珍しく、有難く受けさせていただきました。

→株式会社北隆館「月刊アグリバイオ」のサイトはこちら

「月刊アグリバイオ」「農業生産にかかわる最新のバイオテクノロジーの知見や、微生物を含む農作物利用技術や食品機能開発など、農業生産と農産物利用にまたがる諸問題を捉えて新しい「農」の姿を伝える専門誌」とのことで今回、私が頂いた依頼内容は特集テーマ「きのこの遺伝資源と育種」の各論のうちの1つ、「菌床栽培きのこの育種」(Mushroom breeding for bed cultivation)の執筆となります。

「きのこの遺伝資源と育種」というテーマですので当然、菌床栽培だけでなく、原木栽培や遺伝資源としてのきのこ、菌根性きのこや分子育種について私を含めた5名の専門家がそれぞれ各論を担当します。ちなみに菌蕈研究所からは総論を所長が、各論「原木栽培きのこの育種」(仮題)を寺島上席主任研究員が担当します。

内容はかなり悩みましたが、きのこについてあまりご存知ない読者もおられるでしょうからまず、菌床栽培とは何か?から知っていただく必要がありますのでそこから導入し、菌床栽培のプロセス、そして本題の育種法や育種形質について分かりやすく書かせていただきました。

実はもう原稿は完成しています(とりあえずですが)。
しかし2021年11月号(10月20日発売予定)掲載なので世に出るのはまだまだ先のおはなし・・。
また掲載が近づきましたらこのブログでご連絡しますのでご興味をお持ちの方はお手に取っていただけますと幸いです。

[著作掲載予定]
月刊アグリバイオ[(株)北隆館]2021年11月号(10月20日発売予定)

→タイトル「菌床栽培きのこの育種」

最新情報をチェックしよう!