現職きのこ研究者が一般の方から生産者、研究者向けにユルく、時にスルドく「きのこの話題」を提供するブログです! In this blog, mycologist-O provides mushroom topics from the general public to producers and researchers!
SEARCH

「掲載」の検索結果7件

「公明新聞」連載のお知らせ[きのこ産業が国土を守る!(仮)]~2021年11月-2022年10月~

「公明新聞」連載のお知らせ[きのこ産業が国土を守る!(仮)]~2021年11月-2022年10月~ 公明新聞様のご依頼により、 去る2021年11月23日発行分から(一財)日本きのこセンターによる連載が開始しました!月に1回ですが1年に渡って「野生きのこから栽培きのこ、その栄養や美味しい食べ方、さらには薬膳への活用」といった様々な視点から弊所メンバーが投稿する予定です。→公明新聞LINK もちろん […]

講演会のお知らせ[POPなきのこ展@咲くやこの花館「POPに語ろう!キノコとミライ~きのことSDGs~」]

講演会のお知らせ[POPなきのこ展@咲くやこの花館「POPに語ろう!キノコとミライ~きのことSDGs~」] 最近は講演会や記事掲載のお知らせがメインになってしまっている本ブログですが今回もまた講演会のお知らせとなります!(きのこに関する新鮮な情報をお求めの方、すいません(-_-;)) しかし今回は普段の鳥取県ではなく、大阪府の「咲くやこの花館」という植物園での講演となります。→咲くやこの花館ホーム […]

月刊アグリバイオ誌「菌床栽培きのこの育種」掲載のお知らせ

月刊アグリバイオ誌「菌床栽培きのこの育種」掲載のお知らせ 2021年7月7日にお知らせしておりました、2021年10月22日発売の月刊アグリバイオ誌11月号に錚々たる先生方と共に私の記事「菌床栽培きのこの育種」が掲載されました! →株式会社北隆館「月刊アグリバイオ」11月号のサイトはこちらから 「月刊アグリバイオ」誌は「農業生産にかかわる最新のバイオテクノロジーの知見や、微生物を含む農作物利用技術 […]

きくらげのおはなし⑧「アラゲキクラゲ栽培においてカルシウムは必須なのか!?」

きくらげのおはなし⑧「アラゲキクラゲ栽培においてカルシウムは必須なのか!?」 今日の!<これだけ知っていればOK!>・今回、使用した菌株では菌糸伸長レベルでは貝化石添加量は3.0%が最適!・貝化石を適量添加することで培養日数を40、50日に短縮することも可能!・今回の調査結果は日本きのこ学会誌にタイトル「 アラゲキクラゲ栽培における貝化石の添加効果 」で掲載! 今回はアラゲキクラゲの栽培において「 […]

生物工学会誌[バイオミディア]掲載のお知らせ〜胞子の無いきのこは生産者のQWL向上に貢献する~

生物工学会誌[バイオミディア]掲載のお知らせ~胞子の無いきのこは生産者のQWL向上に貢献する~ 2021年3月に公益社団法人日本生物工学会様より発行の生物工学会誌内の[バイオミディア]への執筆依頼を頂き、この度、掲載されましたのでご報告いたします!執筆は以前にもご紹介した月刊アグリバイオ誌(→LINK)以来で今年2回目となります。 めでたいですね(笑)! 日本生物工学会は発酵学・醸造学を主体とした […]

月刊アグリバイオ誌「菌床栽培きのこの育種」掲載(予定)のお知らせ

月刊アグリバイオ誌「菌床栽培きのこの育種」掲載(予定)のお知らせ 株式会社北隆館様より「月刊アグリバイオ」誌への執筆依頼を頂きました。講演依頼はそれなりに頂きますが執筆依頼は珍しく、有難く受けさせていただきました。 →株式会社北隆館「月刊アグリバイオ」のサイトはこちら 「月刊アグリバイオ」は「農業生産にかかわる最新のバイオテクノロジーの知見や、微生物を含む農作物利用技術や食品機能開発など、農業生産 […]

Oの鳥取快走宣言!1「古郡家―堀越」

Oの鳥取快走宣言!1「古郡家―堀越」 鳥取県には他県ではあまり見られないような景色がきれいなところがたくさんあります。 ここではランナー視点でウォーキングやランニングのための快走路を紹介していきます。 [古郡家―堀越] 古郡家→若葉台→堀越交差点 距離:だいたい4.5キロ ※実際の交通状況を見ながら走ってくださいね!    google mapより なんでこのコースを・・?と思った方も多いかもしれ […]